沖縄に戻り北部を潜る~恩納村

気温20℃ 北東の風 晴れ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は nami.jpg です
運行休止です
ヨスジフエダイ ノコギリダイ

北東の風が入る恩納村。気温は19℃、昨日本土への出張より戻りました、さほど寒さもなく無事一回り出来ました、現地でお世話になりました皆様ありがとうございました。皆様の温かさが身に染みる、そんな移動になりました、なんちって

今日は朝から万座で潜りたかったのですが、この時期のモズク作業で忙しそうだったので遠慮して北部へ出かけて来ました。北東の風、少しこちらも波模様だったので良いロケーションだったのではないでしょうか。驚いたのは水温、例年といえばそうですが21℃台が出てます、水に入った瞬間・・・となりましたがドライスーツなのでまぁ問題なし。少し上がり始めるまではドライスーツかアクセサリーを利用しながら潜る方が良いと思われます。明日からがインナーの半袖Tシャツを長袖に変えて潜ろうと思います

カエルアンコウ

きれいな赤いカイメンの上に作られたようにカエルアンコウがおりました、はい

ハダカハオコゼ

2本目は入ったことのないエントリー口から突入、沖に進むとヨスジフエダイやノコギリダイ、ユカタハタが安定した根にぶつかり、赤いハダカハオコゼも、なかなか面白いところでした

ヨコシマエビ

ヨコシマエビ、いつもは少し水の悪いところで見ますがここは砂もきれいでなんだか新鮮、良いフィニッシュ。

バタバタで陸もまだまだ処理が終わらないまま進んでますが、少しずつ仕事を進めます、連絡が遅れている皆様・・・ごめんなさい・・・。

明日は万座のボートでスタートします

1月の恩納村の景色

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 201601.jpg です
2020年 恩納村1月のダイビング

1月、気温は20℃前後で推移しますが、北風が入る日はかなり落ちる日が出ます、防寒着やレンタルのドライスーツを利用して快適に潜りましょう。水温は22℃へ、5mmのスーツやドライスーツ、ボートコートを大いに活用して遊びましょう

1月 恩納村のマクロ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017macro.jpg です
2020年 恩納村のマクロダイビング

1月はウミウシの活動が徐々に活発になる季節、カメラ片手に撮影を楽しむダイビングも良い。手持ちのカメラで遊んでみるダイビングスタイルがおススメ。北のビーチ、東のビーチでのダイビングも天候を見ながら進めて行きます

明日の西海岸 万座の海況

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は blog-harekumori.gif です

気温22℃ 南東の風 晴れ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は nami.jpg です
明日は通常運行です