恩納村 夏のダイビング
 7月の海をチェック

生物の躍動の季節

恩納村 7月のダイビング
浅瀬で会えるキビナゴの群れはどこまでも続く

恩納村の7月のコンディション
水温28℃:5mmや3mmスーツでOK
気温30℃:軽装、日焼け止めが必須
透明度:シーズン一番の透明度へ

南風に変わり西海岸は穏やかな季節へ、ビギナーやブランクダイバーも安心して潜れる海況となる。地形ポイントで明暗のコントラストを感じながら潜る万座、夏のダイビングが満喫できる

恩納村の地形

恩納村ではダイバーに人気のL字穴、クレバスを利用した地形ポイントがおすすめの季節となる

ミニドリーム

恩納村 7月の地形ダイビング
ミニドリームはサンゴも有名なポイント

リーフトップ2mから18mに垂直に落ち外側に抜けるL字型のポイント、明るさを常時確保出来る ので、ビギナー、ブランクダイバーもストレスなく楽しめる

顔面ホール

恩納村 7月の地形ダイビング
珍しい横穴にクレバスの洞窟

ビギナーも安心して潜れる最大深度12mで続く横穴には無数のクレバスがあり、洞窟内に多数の暗所生物が過ごす。フォト派のワイドニーズに合うコンディション

万座ドリームホール

恩納村 7月の地形ダイビング
一度は潜りたい万座屈指の地形ポイント

万座で人気のL字型地形ポイント。内部は光の届かない場所もあり水中ライト必携、 コントラストが美しくフォト派におススメの撮影場所が多数存在する。最大深度が27mあり上級者向けのポイントとなる

ダイバーに人気の生物

ウミガメ
恩納村 ダイビング アオウミガメ
ダイバーに人気のアオウミガメ

季節を問わずダイバーに人気のウミガメ遭遇率はとても高い。アオウミガメとタイマイの2種類が特に多く、アオウミガメ の大型個体では1mを超える時もある

トウアカクマノミ
恩納村 トウアカクマノミ
トウアカクマノミはおススメ

珍しい種類になるトウアカクマノミは10m付近からの浅い場所で観察可能でおススメ

ナカモトイロワケハゼ

恩納村 ナカモトイロワケハゼ人気のナカモトイロワケハゼも7月がベストシーズン。深さやエントリーに注意が必要になるので少人数で潜れる環境でご案内します

季節の海況や生物はブログで御覧下さい
恩納村の7月 御来店を楽しみにしてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です