沖縄・恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA ホーム
料金
予約関連
お問い合わせ 




恩納村のダイビングショップLivefish ブログ

恩納村 7月からのダイビングシーン
生物の成長を感じるベストシーズンへ

 生物の躍動の季節

 

恩納村の7月のコンディション

水温/29℃:5mm、もしくは3mmスーツでも十分対応
気温/30℃:軽装、日焼け止めが必須
透明度:シーズン一番の透明度の時期に突入します

 

浅瀬ではキビナゴが大きな群れを作り泳ぎ回る季節、エントリー前からも水面に見える 巨大な黒い塊はキビナゴより大型のイワシの群れ、潜ればどこまでも続く綺麗な魚影にダイバーも包まれる

 

南風に変わり西海岸は穏やかな海況が続く季節。 ビギナーやブランクダイバーも安心して潜り始めることが可能なコンデションとなる。 アドバンス講習等に参加しながらスキルアップ、色々なポイントに挑戦してみるのも 良い。地形ポイントで明暗のコントラストを感じながら潜るのも万座ならではの楽しみ方 となる

 

浅瀬で会えるキビナゴの群れはどこまでも続く(左)
少し大型のイワシの群れは7,8月にシーズンを迎える

 

 

恩納村の地形で潜る

 

地形ポイント
恩納村にはダイバーニーズの高いリーフ内に開いた穴、クレバスを利用したポイントが 複数存在する。特徴を確認しながらニーズに合わせて選んでみたい

 

ミニドリーム:
リーフトップ5mから18m付近に垂直に落ち、外側に抜けるL字型の ポイント、内部はライト無しでも明るさを確保出来る。ビギナーダイバーには ストレスなく潜り始めることが出来るコンディション

顔面ホール:
深度12mからスタートする横穴に、上下左右から無数のクレバスがあり 光の明暗を感じながら進むポイント。洞窟内には多数の暗所を好む生物がひっそりと 過ごす。初心者にも安心して潜れる深度であると同時にフォト派の明暗を好むニーズに 合うコンディション

万座ドリームホール:
ミニドリームを巨大にした万座エリアで人気のL字型地形ポイント。 内部は完全に光の届かない場所もあり水中ライトは必携、明暗のコントラストが 美しくフォト派にはおススメの撮影場所が多数存在する。最大深度が27mあり 上級者向けのポイントとなる

 

ミニドリームはビギナーでも安心の地形ポイント
万座ドリームホールは豪快かつ魚影の強いポイント
無数のクレバスと魚影に囲まれる横穴の雰囲気”顔面ホール”

 

 

ダイバーに人気の生物

 

季節を問わずダイバーに人気の生物が見られる恩納村。中でもウミガメ遭遇率は とても高い。アオウミガメとタイマイの2種類が特に多く、アオウミガメ はかなり大型の個体を見ることも出来る

 

数か所存在する”アオウミガメの根”をチェックに行けば会える

 

 

地形の割れ目を覗くとホワイトチップシャークや、砂地では珍しいカラーの トウアカクマノミ、夏に群れを作り始めるヨスジフエダイなども 沖縄、恩納村を感じさせる色彩となる

 

トウアカクマノミは珍しい種類、その色彩は来てからのお楽しみ

 

 

ナカモトイロワケハゼ

 

 

人気のマクロ生物、ナカモトイロワケハゼに会いに行く、7月がベストの シーズンになります。深度が深いことやエントリーに注意が必要な ダイビングスタイルになりますので少人数で落ち着いて潜れる環境で 潜りたいと思います

 

ナカモトイロワケハゼの観察、撮影は深度が深いダイビングになります、 アドバンス以上のダイバーにおススメとなります

 

 

カメラで撮る

 

写真を撮りたいマクロ派もゲストを応援します。これだけに時間を費やしたい、タンクを大型のものに変えて 潜りたい、などのニーズにも応えて潜ります。体力的にもボートを利用して 潜りたいという方、7月がベストの時期になります。その他季節の海況や生物は毎日のブログなどで御覧下さい

 

沖縄 恩納村の7月、皆様の御来店を楽しみにしてます

 

 

"沖縄

恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA