沖縄・恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA ホーム
料金
予約関連
お問い合わせ 




恩納村のダイビングショップLivefish ブログ

恩納村 夏のダイビングを紹介
夏の人気マクロ生物をチェック!

夏の人気マクロ生物をチェック

初夏からのシーズンに見られる人気マクロ生物をチェック!

ビギナー、ブランクダイバーからフォト派の皆様まで少人数でお届け致します、
見たい生物はリクエストをしたり、お問い合わせ頂ければ確実です

カエルアンコウ

恩納村 ダイビング カエルアンコウ

 

:シーズン:
カエルアンコウはシーズンを通じて見られますが、初夏の時期から個体数が増加し、 夏、秋口に向けて小さな個体が徐々に増加していきます

 

:エリア:
ドロップオフの地形でも見られますが瀬良垣の砂地のエリアでの観察例が圧倒的に多い、 漁網や転石等の近くを覗いてみると見られる事が多い

 

:個体:
オオモンカエルアンコウ(左上)とイロカエルアンコウ(右下)が多く 見られる傾向がある、その他クマドリカエルアンコウ(右上)、ウルマカエルアンコウ なども見られる

 

ピグミーシーホース

恩納村 ダイビング ピグミーシーホース

 

:シーズン:

ピグミーシーホースはシーズンを通じて見られますが、シーズン中の個体の変動 (移動などが考えられます)が多い生物です

 

:エリア:

ドロップオフのウミウチワに着くので地形のポイントが観察場所ですが、 砂地を好んで生息する傾向があるものもいます

 

:個体:
黄色、ピンクの個体が一般的(右下)、その他属称コールマンピグミーシーホース(左上)/ ジャパニーズピグミーシーホース(右上)が砂地で観察できるほか ピグミーシードラゴン(左下)も定期的に観察できる

 

タツウミヤッコ/タツノハトコ

 

 

:シーズン:
比較的シーズン性は薄いが初夏から夏場にかけて個体数を増やす、もしくは見所の 時期はある。ウミテング(左上)は個体数が多いが夏盛りの小さな個体を観察したい、 タツノハトコ(右中)やタツウミヤッコ(右上)は琉球以南の生息性なので固有種と してみても面白い

 

:エリア:
基本は砂地を好んで生息する、ドロップオフのスロープでの観察も可能な種もあり。

 

:個体:
主な色彩は砂・海藻への擬態色だがビビットなヒバシヨウジ(右下) などのカラーは人気がある。

 

ナカモトイロワケハゼ/アカメハゼ

:シーズン:
夏場トップシーズンに個体数を増やす、人気のヒレナガネジリンボウ(左上)や ヤシャハゼ(右下)はビギナーでも安心して見に行ける環境であったり、水温が上がると 一様に深度が浅く潜れる傾向にあるような気がします。

 

:エリア:
基本は砂底を好んで生息する、環境を荒さないように注意が必要である。

 

:個体:
アカメハゼ(右上)アケボノハゼ(左下)は色彩も豊か。ナカモトイロワケハゼ(下中)などは深い場所に生息するがシーズンを合わせれば 個体数は安定している

 

ホシゾラワラエビ/フリソデエビ

 

:シーズン:
ホスト、環境にもよりますが基本的に通年見られる物が大多数、冬場の方が 見やすい傾向のフリソデエビ(下右)

 

:エリア:
大部分をウミトサカ、ウミシダ、クダヤギ等のホストに委ねる、 地形と砂地で半々ぐらいだろう。

 

:個体:
バイオレットボクサーシュリンプやホシゾラワラエビ(右上) 等は個体も多いがレアまたは固有種である

 

キンチャクガニ/イソコンペイトウガニ

 

:シーズン:
基本的に通年見られる物が多いが、場所により秋口、冬場の方が 見やすい傾向のキンチャクガニ(左中)や夏場に個体数を増やすイソコンペイトウガニ (右下)などがある。

 

:エリア:
ウミトサカ、ミズタマサンゴ、ナマコ等のホストに委ねる、 地形と砂地で半々ぐらいだろう。

 

:個体:
属称ユキンコボウシガ二(上右)やオラウータンクラブ(左上) 等は個体も多い。ナマコマルガザミなどは 自分たちでも根気よく探せば見つけるのも簡単な生物である

 

カンムリベラ/イロブダイ(.yg)

 

:シーズン:
通年見られる物が多いが、幼魚はまさにタイミング、今、という旬のカラーを ガイドに教えてもらうのが一番。そして成魚になれば当然、いなくなる・・・

 

:エリア:
イロブダイ(右下)やツユベラ(左中)はドロップオフの特定域で観察 されることが多い、カンムリベラ(上右)などは個体が少ないので確認が必要

 

:個体:
ツユベラ等はサンゴ礁原に多いので 自分たちでも根気よく探せば見つけるのも簡単な生物である

 

クマノミ(6種類)

クマノミ(6種類)

:シーズン:
通年見られる、幼魚の時期、成長個体、雌雄等を観察したり、産み付けられた 卵を観察するのもその時期を問わない。定番のカクレクマノミ(右中)やハマクマノミ (左上)は個体数も通年非常に多い

 

:エリア:
サンゴ礁全域で見られるが、トウアカクマノミ(右下)は砂地で、セジロクマノミ (左下)に関しては砂地の数か所のみ出確認出来る

 

:個体:
複数の種類が1つのイソギンチャクに混生する場所もある。幼魚の観察、撮影や 卵の観察なども時期によって旬になる

 

 

皆様の御来店、楽しみにお待ち致しております

 

お問い合わせ livefish@live-fish.jp