恩納村 万座のダイビング
夏のマクロキャンペーン

万座,夏前からの人気マクロ

ビギナー、ブランクダイバーからフォト派の皆様までお届けします、この時期だからじっくりマクロも面白い

カエルアンコウ

恩納村 ダイビング カエルアンコウ

:シーズン:
カエルアンコウはシーズンを通じて見られます。初夏から数が増え、 夏/秋口に向けて小さな個体が徐々に増加します

:エリア:
ドロップオフでも見られますが砂地での観察例が圧倒的に多い、定置物や転石近くを覗くと見られる事が多い

:個体:
オオモンカエルアンコウ(左上)とイロカエルアンコウ(右下)が多い、他クマドリカエルアンコウ(右上)、ウルマカエルアンコウも見られる

ピグミーシーホース

恩納村 ダイビング ピグミーシーホース

:シーズン:

ピグミーシーホースはシーズンを通じて見られますが、個体数の変動が多い生物です

:エリア:

ドロップオフのウミウチワのある地形ポイントが観察場所、 砂地を好んで生息する傾向がある種もいる

:個体:
黄色、ピンクが一般的(右下)、他属称コールマンピグミーシーホース(左上)/ ジャパニーズピグミーシーホース(右上)、 ピグミーシードラゴン(左下)

タツウミヤッコ/タツノハトコ

:シーズン:
初夏から個体数を増やす。ウミテング(左上)は夏盛りの小さな個体を観察したい、 タツノハトコやタツウミヤッコ(右上)は琉球以南生息性なので固有種と して面白い

:エリア:
砂地を好んで生息する、ドロップオフのスロープでの観察も可能な種あり

:個体:
色彩は砂・海藻への擬態色、ビビットなヒバシヨウジ(右下) なども人気がある

ナカモトイロワケハゼ/アカメハゼ

:シーズン:
トップシーズンに個体数が増える、ヒレナガネジリンボウ(左上)やヤシャハゼ(右下)はビギナーでも安心して見に行ける深度環境にある

:エリア:

砂底を好んで生息する、環境を荒さないように注意が必要である

:個体:
アカメハゼ(右上)アケボノハゼ(左下)は色彩も豊か。ナカモトイロワケハゼ(下中)は深い場所に生息するが時期が合えば個体数は安定する

ホシゾラワラエビ/フリソデエビ

:シーズン:
ホスト環境にもよるが、通年見られるフリソデエビ(下右)はタイミングも重要

:エリア:
大部分をウミトサカ、ウミシダ、クダヤギ等のホストに委ねる、 地形と砂地で半々

:個体:
バイオレットボクサーシュリンプやホシゾラワラエビ(右上) は個体も多いが貴重

キンチャクガニ/イソコンペイトウガニ

:シーズン:
通年見られるが、エリアにより秋、冬場の方が見やすいキンチャクガニ(左中)や夏場に増えるイソコンペイトウガニ (右下)などがある

:エリア:
ウミトサカ、ミズタマサンゴ、ナマコ等のホストに委ねる、 地形と砂地で半々ぐらい

:個体:
属称ユキンコボウシガ二(上右)やオラウータンクラブ(左上) 、ナマコマルガザミなどは、根気よく探せば見つかる生物である

カンムリベラ/イロブダイ(.yg)

:シーズン:
幼魚はタイミング、今、という旬のカラーを教えてもらうのが一番。成魚になれば当然いなくなる・・・

:エリア:
イロブダイ(右下)やツユベラ(左中)はドロップオフ砂底に多い、カンムリベラ(上右)などは個体が少なくタイミング次第

:個体:
ツユベラ等はサンゴ礁原に多く、気軽に観察できる

クマノミ(6種類)

クマノミ(6種類)

:シーズン:
幼魚時期、雌雄等を観察、産卵期間を観察したい。定番のカクレクマノミ(右中)やハマクマノミ (左上)は通年非常に多い

:エリア:
サンゴ礁全域で見られるが、トウアカクマノミ(右下)は砂地で、セジロクマノミ (左下)は数か所のみ確認出来る

:個体:
複数の種類が混生する場所もある。幼魚の観察、撮影や卵の観察も時期によって旬になる

お問い合わせ livefish@live-fish.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です