沖縄・恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA ホーム
料金
予約関連
お問い合わせ 




恩納村のダイビングショップLivefish ブログ

恩納村 8月のダイビングシーン 生物の成長とブルーを感じるベストシーズン

生物の躍動の季節とダイビング

恩納村 8月のファンダイビング

恩納村 8月のダイビング

水温/30℃:3mmスーツでも十分対応
気温/32℃:軽装、日焼け止めが必須
透明度/20m~:シーズン一番の透明度へ

 

浅瀬ではキビナゴやミジュンが大きな群れを作り泳ぎ回る季節、エントリー前からも 水面に見える巨大な黒い塊、潜ればどこまでも続く綺麗な魚影にダイバーも包まれる。 風は南風出安定し、西海岸は穏やかな海況が続くベストシーズン。

ビギナーやブランクダイバーも安心して潜ることが可能なコンデションとなる安定した海 、不安のあるダイバーも落ち着いて初めから、思い出しながら潜れる。アドバンス講習等に参加しながらスキルアップ、色々なポイントに挑戦してみるのも 良い。地形ポイントで明暗のコントラストを感じながら潜るのも良い

 

ヤマブキベラの体色は深いブルーに映える季節(左)
浅瀬のミジュンの群れはどこまでも続く(右)

 

恩納村 地形でファンダイビング

恩納村 8月の地形でファンダイビング

 

恩納村は万座ドリームホールやミニドリームなど、 ダイバーに人気のL字型の地形ポイント、クレバスを利用したポイントが 複数存在する。海況が安定するこの8月はベストコンディション、スキルに合わせて 選んで潜ってみるのも良い、暗所とブルーが最高のコントラストを出す時期

透明度が上がるこの季節はホーシューやホテルエッジなど豪快なドロップオフの ブルーを感じるのも面白い。時に強い流れが当たるポイントでは秋口までダイバー に人気のリーフシャークが見られたり、捕食する大型のアジに出会う事もある

 

ドリームホールの魚影は2回目の最盛期を迎える(左上)
リーフエッジは夏らしい最高の透明度とブルーを出す(左下)
安心して入れるミニドリームに挑戦(右上)
スネークホールは実はあまり知られていない穴場(右下)

 

ファンダイバーに人気の生物

恩納村 ファンダイバーに人気の生物

 

恩納村だからみたい物を紹介致します。意外に高確率で見られるウミガメや 珍しいクマノミ、季節限定でみたい生物など、これが見たいから潜る、そんな ダイビングシーンをお届します

生物の撮影ダイビングにも最適、それぞれのニーズに合わせた環境をお届します、 ワイドからマクロまでリクエストは事前に御相談下さい

 

”アオウミガメの根”をチェック(左上)
トウアカクマノミは12mで観察可能(左下)
ナカモトイロワケハゼもまだまだシーズン(右上)
そろそろ個体が増えるカエルアンコウも狙う(右中)
ヒレナガネジリンボウは14mと理想的な深さ(右下)

 

“誰でも安心”の環境・恩納村

 

ビギナーも安心

安心なポイントからスタート、始めたばかりの人、久しぶりに潜る方でも安心

季節に合わせて

シーズンに合わせたダイビングポイントに潜り、季節の生物を楽しむ

ボートで5分

ダイブポイントはボートで5分、船酔いの心配なく毎回港に戻るので安心

SHOPへ3分

SHOPへ3分、各ダイビング後は戻って休憩し、体調管理です

 

 

皆様の御来店を楽しみにお待ちしております