沖縄・恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA ホーム
料金
予約関連
お問い合わせ 




恩納村のダイビングショップLivefish ブログ

恩納村 西海岸の3月 春のダイビング
ツノダシ舞う万座の地形を楽しむ

恩納村の3月のコンディション

水温/22℃:
5mmフルスーツにアクセサリ、 ドライスーツレンタルが開催中で使用がおススメ

気温/22℃~:
半袖に薄い羽織物程度で良い、25℃以上の日もあるので活動は軽装が便利

透明度:
春前で水が良く、10m以上の透明度が期待できる時期

 

ロケーション:
恩納村 万座の海は徐々に水温が上がり、 生物たちの活動が活発になり水中の景色が変わり始める。クマノミ等の産卵活動が活発 になり、夏に向けての捕食活動各所で見られる
この時期から始まる交接、産卵活動の為に集まる群れもドロップオフではピークを迎える

 

各所でクマノミの産卵/ハッチアウトの観察がスタートする時期

 

群れで舞うツノダシ

ドロップオフでは生物達が季節の大きな群れを作り始める、ツノダシはちょうどこの時期 から集まり始め数百の群れでドロップオフを泳ぎ抜ける

 

万座ドリームホールではこの時期からスカシテンジクダイやキンメモドキが群れの形成を始める、カスミアジやクロハタに捕食されながらGWが始まる5月まで絶えること なく増える

 

ドロップオフを泳ぎ抜けるツノダシの群れ

 

生物

3月、ウミウシはまだまだトップシーズン、ドロップオフはウミウシ探しが楽しい季節、 ドロップオフではこの時期から夏にかけてウミガメが高確率で観察出来る

 

砂地では飛び交うヤッコエイやマダラトビエイ、カエルアンコウなど人気生物 も豊富な季節です。カメラを片手にゆっくり回ってみるのも楽しい

高確率で見られる巨大なアオウミガメ(左下)
捕食に入るガーラ(カスミアジ)の群れ(左上)
ウミウシウォッチングはまだ楽しめる”ゾウゲイロウミウシ”(右下)
カエルアンコウは越冬した個体とニューフェイスを楽しめる(右上)

 

皆さまのご来店を楽しみにお待ちしております

 

スクーバダイバー

恩納村のダイビングショップ Livefish OKINAWA